まだかのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 燃料添加剤の効果

<<   作成日時 : 2007/10/04 20:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

三年程前からNewTEというGRP社の燃料系統と燃焼室の潤滑剤を使用しています。
エンジンオイル添加剤は様々な種類の物があり割りと知られていますが、燃焼室の潤滑剤
はあまり市販されていないようです。
燃焼室にはごく僅かなエンジンオイルが潤滑されると思われますが、2,500℃にもなる爆発
燃焼によりエンジンオイルは一瞬の内に燃え尽きてしまい、ピストンリングとシリンダーライナー
は潤滑できていない状態であると想像できます。
燃焼室はもちろんバルブシート・燃料ポンプの潤滑や清浄性と防錆性により燃料タンク・燃料
ラインの防錆、燃焼室のカーボンやスラッジの溶解除去にも効果があるようです。
但し効果を体感できるかどうかはかなり微妙で、正直わたしは良く分からず10万km・20万km
と距離を重ねた時にエンジンをばらしてみて初めて効果を知ることができるかもしれません。
愛車S2000は新車の時から添加しているので、10年後くらいに効果を報告できるかも
しれませんけどねぇ。

画像 ガソリン10リットルに3ccを
 毎回添加しています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
燃料添加剤の効果 まだかのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる