お酒を飲んだ翌朝に酒気帯び運転?

昨晩は知人の送別会で久しぶりに深夜まで飲んでしまいました。
朝の出社時は少しアルコールの臭いがするような・・・
いけません!
酒気帯び運転になりかねません。

諸説あるようですが血中アルコール濃度は時間が経たないと下がりません。
どのくらい?

一般的にビール大瓶1本633ccを飲んだとしますと、およそ1時間後までには血中アルコール濃度が
ピークになり個人差はあるにせよ、アルコールが体内から消失するには約6時間掛かると言われています。
飲み会ではビール大瓶1本だけでは済まないでしょうから、深夜まで深酒をした翌朝は体内に
アルコールが残ることになります。
道路交通法では呼気1リットル中0.15mg以上アルコールを検知した場合、「酒気帯び運転」としています。
さらに警察官が酔っていると判断すれば「酒酔い運転」で免許の取り消しになります。

飲酒量が増えると血中アルコール濃度のピークは後ろへずれてくるため、よく飲酒後2時間ほど休んで
車を運転すれば大丈夫と思っている方、これは最悪の状態なのです。
飲むなら乗らない、乗るなら飲まないは金言です。

年末は飲酒の機会が増えるもの、飲酒運転は絶対にいけません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック