懐かしき「ウィー・アー・ザ・ワールド」

1984年イギリスのスーパースター達が集まりアフリカ飢餓救済のためのプロジェクト「バンド・エイド」を
結成し、「ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス」が大ヒット!大きな話題を呼んだそうです。

これに触発され翌1985年ハリー・ベラフォンテがアメリカのスーパースター達に呼びかけ、深刻化して
いたアフリカの飢餓救済のために「USAフォー・アフリカ」と言うプロジェクトを敢行、チャリティー・ソング
「ウィ・アー・ザ・ワールド(We Are The World)」をリリースしました。

当時、職場の先輩が買ったレコードを聞かせてもらい感動したのを憶えています。
テレビでもレコーディングの様子が放映され、アメリカは何て素晴らしい国なんだと、またまた
感動したものです。
最終的には45人のアーティストたちがボランティアで結集し、一大プロジェクトを成し遂げ、レコード
売上の印税は全てチャリティーとして寄付されたそうです。

先日「ニコニコ動画」でレコーディング時の映像を見つけて、20年以上も前の記憶を懐かしく思い出しました。

ほら、あなたも聞いたことがないですか?
「ウィー・アー・ザ・ワールド ウィー・アー・ザ・チルドレン・・・」



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年12月01日 19:54
聴いた!聴いた!
フルコーラス懐かしく聴きました!
すごいメンツですよね。
今聴いても全く色あせていません。
さすが、一流ミュージシャン達です。
マイケル・ジャクソンが若っ!
2008年12月01日 20:38
ベルさんへ
ベルさんも聞いたことがあるのですね
まだ、産まれていないかと思っちゃいました
もっとも2004年には20周年記念のDVD版がリリースされたり、
ドキュメンタリーも製作されているので、知っている方は
多いのかもしれません。

心意気と言いますか、熱いハートを感じるあたりはさすがに
アメリカですよね。

この記事へのトラックバック